薬事法の改正

6月1日から薬事法が改正となりました。
メディアでも伝えられていますが、
今回変わるのはこういったところです。


・医薬品のリスク分類と陳列

医薬品を副作用リスクの高さに応じて1類~3類に分類します。


第一類医薬品

 特にリスクの高いもの。
 売り場ではお客様の直接手に取れない場所へ陳列し、
 書面での情報提供を行います。

第二類医薬品

 リスクが比較的高いもの。
 売り場では他の品物との区別をし、
 必要な情報の提供に努めます。

 二類のなかでもさらにリスクの高いものは、
 指定第二類と定められています。

第三類医薬品

 リスクが比較的低いもの。
 こちらも他の品物との区別をし、
 適切な使用のための適切な対応をします。


・登録販売者制度

リスク分類の二類、三類に含まれる医薬品を販売することのできる
「登録販売者」という資格が新しくできました。
こちらは高卒以上、薬剤師の指導の下で1年以上働くと、
都道府県による資格試験を受けることができる資格です。


・第三類医薬品以外の郵便販売の禁止

第三類医薬品以外は直接対面で販売することが定められました。
但し、経過措置として2年間は継続購入の場合、
離島にお住まいの場合に限っては、郵送可となっています。
 

こちらの法律、賛否両論の声がたくさん出ていて、
まだはっきりと決まっていないところもあります。
まずは進めてみて、段々と調整されていくことになるのでしょう。


うちでは基本的には相談を受けてお薬をお渡ししているので、
大きくスタイルを変えることはないのですが、
法律として定められるとやはり意識しますよね。

私もまだお店に出始めて1年に満たないので、
徐々にお客様に説明できるようにならないといけませんね。

そしてしっかりと登録販売者の資格を取れるよう、
頑張ります。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

saeka

Author:saeka
祖父の代から続く薬局で働いています。漢方、自然薬などについて、勉強しながらつづっていきます。

※こちらのブログには個人的見解も載せています。効能効果として認められていない
ものも記載していますので、その点をご了承下さいね。

リンク
カテゴリ
目 (2)
月別アーカイブ
最新記事
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QRコード
FC2カウンター