冬場は心筋梗塞にご用心

昨日今日と大船もとても寒いです。
昨日は雪の予報が出たほど・・・

こう寒い季節には、急な温度変化による
ヒートショックに気を付けましょう。

先日も中村獅童さんのお母様が、
入浴中に急死されましたが、
この季節、ヒートショックによる死亡が
本当に多いんです。

暖かい居間から寒い脱衣所で服を脱ぎ、
熱いお湯に浸かる・・・
この急激な温度変化によって血圧が乱れ、
心臓に負担をかけてしまいます。


国立循環器病研究センターによる
<冬場に心筋梗塞を予防するための注意すべき10箇条>
には、次のように書かれています。

1) 冬場は脱衣室と浴室を暖かくしておく。
2) 風呂の温度は38~40度と低めに設定。熱い湯(42~43度)は血圧が高くなり危険です。
3) 入浴時間は短めに。
4) 入浴前後にコップ一杯の水分を補給する。
5) 高齢者や心臓病の方が入浴中は、家族が声を掛けチェック。
6) 入浴前にアルコールは飲まない。
7) 収縮期血圧が180mmHg以上または拡張期血圧が110mmHg以上ある場合は入浴を控える。
8) 早朝起床時はコップ一杯の水を補給する。睡眠時の発汗で血液が濃縮しています。
9) 寒い野外に出る時は、防寒着、マフラー、帽子、手袋などを着用し、寒さを調整しましょう。
10) タバコを吸う方は禁煙をしましょう。


それに加えて、血管をしなやかで健康な状態に保つ、
“毛沢東”にゆかりのあるお薬はいかがですか?

こちら、長城冠丹元顆粒。
冠丹元
冠丹元に含まれるタンジンという生薬には、

 ・血管を広げ、血流量を増やす
 ・血圧を下げる
 ・血栓ができるのを防ぐ
 ・血液の粘度を下げ、サラサラにする
 ・血管の老化を防ぐ
 ・血液や血管が活性酸素に侵されるのを防ぐ

といった、たくさんの働きがあります。

冠丹元を飲んで、若々しい血管を保ちましょう☆


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

saeka

Author:saeka
祖父の代から続く薬局で働いています。漢方、自然薬などについて、勉強しながらつづっていきます。

※こちらのブログには個人的見解も載せています。効能効果として認められていない
ものも記載していますので、その点をご了承下さいね。

リンク
カテゴリ
目 (2)
月別アーカイブ
最新記事
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QRコード
FC2カウンター