皮膚病の勉強をしてきました

日曜日に、勉強会に行って来ました。
今回の内容は、皮膚病とお客様への接し方でした。


まずは『傾聴』というコミュニケーションスキルをもとにした、
看護ふれあい学のインストラクターの先生のお話。

この先生は何十年も現場で看護士をされてきた方で、
「病気ではなく目の前にいるお相手に寄り添いたい」
ということを考えながら、患者さんと接してきたそうです。

色々とコミュニケーションの手法なども教えていただきましたが、
やはり相手の立場に立って、心をこめて行動する、
ということが何より大切ですよね。
これは常に忘れずにいたいと思います。


もう一人の先生は、皮膚病の勉強を続けてらっしゃる
同じ薬剤師の会に所属する先生のお話。

この先生のお話を伺うのは2度目なのですが、
毎回皮膚疾患とお薬の話を細かく教えていただけるので、
大変勉強になります。


うちのような小さな薬局にとって、
お客様の話をじっくりと伺うことと、
疾患やお薬についてしっかりと知識を身につけることって、
本当に大切なことだと思います。

頼りにしてくださっているお客様のためにも、
常にがんばっていきたいと思っています。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

saeka

Author:saeka
祖父の代から続く薬局で働いています。漢方、自然薬などについて、勉強しながらつづっていきます。

※こちらのブログには個人的見解も載せています。効能効果として認められていない
ものも記載していますので、その点をご了承下さいね。

リンク
カテゴリ
目 (2)
月別アーカイブ
最新記事
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QRコード
FC2カウンター