インフルエンザの時の漢方薬

大変ご無沙汰してしまいました。
今年はもう少し書く予定だったのですが・・・。

先日、娘が初めてのインフルエンザに・・・
そしてその後、看病疲れの私までかかってしまいました。
前にかかったことを覚えていないくらいの久しぶりのインフルエンザ。

娘は発症前のお友達と遊んでいて、
その場にいたお友達は全員感染。
インフルエンザの感染力の強さを思い知りました。

そして下の子のお世話、授乳をしながら娘の看病・・・。
まだまだ隔離できるようなお年頃ではありません。

終盤、娘も私もストレスがたまってイライラし始めたところで・・・
何だかからだの節々が痛い・・・
だるい・・・
微熱が・・・
38℃に上がった!!
・・・ウイルスをもらってしまいました。

本当に「病は気から」なのだな、と・・・。


インフルエンザといえば、
タミフル、イナビル、リレンザなどの治療薬。

娘はまだ小さいし、私は授乳中・・・
服用は問題ないとされているものもありますが、
あまり気が進まなかったので、漢方薬で乗り切りました。

今回服用した漢方薬は
柴葛解肌湯 という処方です。

漢方薬はその時々の症状に合わせて
細かく処方をみていく必要がありますが、
この柴葛解肌湯はインフルエンザならすぐに選ぶことができますし、
初期から後期まで飲み続けることができるので、
とても使いやすい処方です。

まずはインフルエンザにかからないことが一番ですが、
かかってしまった時には覚えておいていただくと
いいかと思います。


杉本薬局 
鎌倉市 大船駅より徒歩3分。
漢方薬や自然薬を中心に取り扱っています。
プロフィール

saeka

Author:saeka
祖父の代から続く薬局で働いています。漢方、自然薬などについて、勉強しながらつづっていきます。

※こちらのブログには個人的見解も載せています。効能効果として認められていない
ものも記載していますので、その点をご了承下さいね。

リンク
カテゴリ
目 (2)
月別アーカイブ
最新記事
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QRコード
FC2カウンター