そんな話をしていたら・・・

先日、ブログでノロウイルスの話題を出したところ・・・

→ ノロウイルス予防にラクトフェリン!


なんとうちの娘がノロウイルスが原因と思われる胃腸炎に
かかってしまいました!!!

・・・飲ませておけばよかったです。
ラクトフェリン・・・。

このところ風邪もひかずに元気だったので、
すっかり油断しておりました・・・。

皆さん油断禁物ですよ!!!

私、看病中にかからないよう、焦ってラクトフェリン飲みました。
嘔吐物を手で何度も受けてから1週間経ちますが、
今のところは無事です。


絶対にかからないようにと思って、
手洗いをいつもより入念に、何度もしていたら、
やはり手が荒れてしまいました。

これまた感染予防に必死で、
ハンドケアをすることをすっかり怠った結果なのですが、
家に置いていた紫雲膏を塗ったら、すぐによくなりました。

こんな赤い軟膏です。
(擦り込めば色は気になりません。)
紫雲膏

年中、やけどや切り傷などにおすすめしていますが、
この季節は、あかぎれ、しもやけ、ひび割れにも、
とってもよく効きますよ!

生薬だけから作られた漢方薬なので、
赤ちゃんの口に入っても大丈夫。
塗った後すぐにこどもの世話をする時にも
気になりませんね。


それにしても、話に上ったり、ブログで紹介したりすると、
その後に自分で使うことになるケース、結構あるんです。

その時にちゃんと、
「これは何かの予兆かも!?」
と思ってしっかり対処しておけばいいんでしょうね・・・。

ノロウイルス予防にラクトフェリン!

寒い日が続いていますね。

店頭ではからだを温めてくれる若甦温が
人気です☆
ゆず味で美味しいですもんね!


さて、浜松の小学校で900名以上の方に
ノロウイルスに感染したとみられる症状が
出てしまったそうですね。

そんなに一度に感染するものなのでしょうか。
怖いですね・・・。

そんなノロウイルスの予防にはラクトフェリンが有効とのお話が、
NHKのあさイチで紹介されたそうですね。

杉本薬局で取り扱っている大草ビフィズスαには
このラクトフェリンが入っています!
大草ビフィズスα

毎日1包飲むだけなので、とてもお手軽!
しかも細粒なので飲みやすいですよ。

1包で市販のヨーグルトの2.5倍のビフィズス菌が
入っているんですって。
特に寒い時期のヨーグルトは冷えますから、
代わりに大草ビフィズスαで腸内環境を整えましょう!

ラクトフェリンは花粉症の予防にも有効なので、
ぜひこの時期から飲んでおいていただきたいですね。

冬に向けて免疫力アップ!

寒くなってきましたね。
街中でもマスクをした方を多く見かけるようになりました。
そろそろインフルエンザが流行りだす季節・・・

皆さん、ウイルスに打ち勝つ体の準備は
できていらっしゃいますか??

たっぷり栄養をとって、しっかりと休息して・・・
免疫力を上げる生活を送りたいものです。

特に低体温の方は、体の免疫力が落ちてしまいますので、
要注意ですよ。
体を温める食事をとって、湯船にちゃんと浸かって、
体温が36.5度以上になるような生活を心がけましょう。

とはいえ、年末の忙しい時期なると、
怠ってしまうこともありますよね。

そんな時には薬用人参配合の若甦や、
アミノ酸をたっぷり配合したレバコールなど、
栄養剤の助けをかりるのもひとつです。

プロポリスもインフルエンザの予防に
効果的だといわれています。
プロポリス
多くの患者さんに接する薬局の店員さんの中でも、
「プロポリスを服用していたらインフルエンザにならなかった!」
という話をよく聞きます。

小さなお子様にはこどもレバコールがおすすめ!
こどもレバコール

カルシウム、アミノ酸、ビタミン類など
発育期のからだに必要な栄養素がたっぷり入っていて、
からだが丈夫になりますよ!

1歳になったばかりの娘も大好きで、
毎日ごくごく飲んでいます。

おかげで風邪をひきにくく、
かかったとしても症状が軽く済んでいます!


インフルエンザや風邪など、
かかってしまうと本当につらいですよね・・・。
かかる前にまず予防! 
健康な毎日を過ごしましょう!

免疫ミルク グロブリーナ

免疫ミルクってご存知ですか?

生後間もない赤ちゃんが病気になりにくいのは、
母乳を摂取することで、母親の持つ細菌などに対する抗体を
赤ちゃんが得ているからといわれています。

この仕組みを使って、
無害化した悪玉細菌をワクチンとして接種させた牛から、
抗体をもったミルクをつくります。

これが免疫ミルク。

この免疫ミルクの健康食品、
「グロブリーナ」
グロブリーナ

これを飲むことで、50種類以上の菌に対する抗体を
体内に取り入れることができるんだそうです。

体の調子を整えて免疫力を高めるのも大切ですが、
腸内で直接菌を排出してくれる抗体を増やすのも、
また大切ですね。


腸内環境とアレルギーやリウマチなどの自己免疫疾患が
深く関っていることもよくいわれています。

グロブリーナを使うことで、花粉症の症状が緩和されたり、
リウマチ特有のこわばりの症状が緩和されたという治験例が
多くあります。


一つ聞いて「なるほど!」と思ったのが、
リウマチのような症状が出たときに、便の調子も悪かったという話。

グロブリーナを飲み始めて、症状が改善されてくると、
便の調子も良くなってきたそうです。

やっぱり腸内環境は大事なんだなぁと思ったできごとでした。

テーマ : 健康生活:病気・治療法
ジャンル : ヘルス・ダイエット

プロフィール

saeka

Author:saeka
祖父の代から続く薬局で働いています。漢方、自然薬などについて、勉強しながらつづっていきます。

※こちらのブログには個人的見解も載せています。効能効果として認められていない
ものも記載していますので、その点をご了承下さいね。

リンク
カテゴリ
目 (2)
月別アーカイブ
最新記事
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QRコード
FC2カウンター