●漢方相談なら大船の杉本薬局●よく熱を出すお子さんに・・・

毎日暑いですね。
まだ梅雨は明けていないんですよね・・・。
もっと暑くなると思うと憂鬱ですね。

先日、娘の幼稚園のお泊り保育がありました。
幼稚園にお友達と先生とお泊りして、
カレーを作ったり、キャンプファイヤーをしたり・・・
めいっぱい楽しんだみたいです!

全力で楽しみ過ぎたのか、
帰ってからはお昼も食べずにずっと寝ていましたよ。
暑くて余計に体力を消耗したんでしょうね。


さてさて、お泊り保育も終わると
もうそろそろ夏休み。

今年はまた暑いので、外に出掛けるにしても、
熱中症対策をしていかないと大変ですよね。

こどもたちが元気いっぱいに夏を過ごすために、
おすすめの商品が2つあります!

小児用ブリル と こどもレバコール です!

こどもの熱に

まずはお出かけの時には必ず飲ませるようにしている 小児用ブリル

私も小さい頃から疲れたり熱を出したりすると
よく飲んでいましたが、
ちょっと疲れがたまって機嫌が悪い時、
どうしても保育園や幼稚園を休ませたくない時、
急な発熱の時、
お出かけの時・・・

ちょっと気になる時に、
さっと飲ませることができるので、とても楽ですよ!

こどもたち、味も気に入ってくれますしね。


こどもレバコール も欠かせません!
かつおの肝臓から抽出したアミノ酸のお薬で、
こどもの免疫力アップに効果的です!

全国の薬局の先生からは、
「喘息で入院ばかりだった子が今年は元気!」
「うちの子だけプール熱にかからなかった!」
「頭がよくなった!?」
・・・なんて色々な症例を伺います。
とにかくいいお薬なんですよね。


小児用ブリルやこどもレバコールを上手く使って
ぜひ元気いっぱいの夏を過ごしましょうね♪


杉本薬局 
鎌倉市 大船駅より徒歩3分。
漢方薬や自然薬を中心に取り扱っています。

今度は胃腸炎で嘔吐と下痢・・・

・・・しばらく空いてしまいました。

また暖かい日が続いていて気持ちがいいです。
今晩からまた寒さが戻るらしいですね。

2016紅葉

ここ最近はずっと1歳の息子の風邪が、
ひいたと思ったらまたぶり返し・・・
といった状況で落ち着きませんでした。

先日は今流行の嘔吐と下痢・・・。
たぶんウイルス性の胃腸炎かと。
あちこち触ったりなめたりの時期なので、
ウイルスを口に入れてしまうんでしょうね。

本人は嘔吐と下痢はするものの、いたって元気で、
私は洗濯機と共にフル稼働していました。


こんな時に活躍するのが、ミラノン
ミラノン

ムラサキオモトの抽出液を原料にした清涼飲料水。
・・・元々医薬品だったものが、
内容は変わらず清涼飲料水になりました。

清涼飲料水だから赤ちゃんから高齢者の方まで
安心して飲んでいただけます!

食べてすぐ吐いてしまう・・・
という時に飲ませてあげると、吐き気が落ち着きます。

集団食中毒で死者が出た時にもありましたが、
ウイルス性の胃腸炎の時に下痢止めを使ってしまうと、
ウイルスが体内に残ってしまうことになります。

ミラノンはそういった心配もなく、
どんな時でもお使いいただけますよ。

ちなみにつわりの時の吐き気にも効いてくれました。

我が家では吐き下しの時にはミラノンというのが
小さな頃から定番になっているので、
家に置いていないと不安になるほど・・・
また私のこどもたちもそうなるのかしら・・・。


杉本薬局 
鎌倉市 大船駅より徒歩3分。
漢方薬や自然薬を中心に取り扱っています。

1歳のこどもの急な発熱! 無汗の熱に使う漢方薬

気温も低く、空気も乾燥していますね。

先日、少し遠出して紅葉狩りに出かけてきました。
もう標高の高いところは終わりかけているところもあるんですね!
しばらく気温が高かったので、秋の訪れを見逃していました。

見ごろのところも少しだけ味わうことができましたよ。

2016紅葉

少しだけ・・・
実は、旅先で1歳の息子が発熱・・・。
行きの車中から何度か吐いていたので、
ちょっとおかしかったんですよね。

とりあえずいつもの 小児用ブリル は持っていたので、
それを飲ませつつ・・・
予定より早めに帰ってきました。

結局熱は3日程続き、
そのあとなんとなくお腹と背中に発疹が・・・
どうやら突発性発疹だったようですね。

あまりひどい症状ではなかったので、
基本は安静にしていたのですが、
一つだけ家にあった漢方薬を使ってみたところ、
教科書通りの効果が実感できたので、
その時の様子をご紹介。


息子の症状としては38~39度の高熱で、
咳や鼻水などの風邪っぽい症状はありませんでした。
便の状態もいつも通り。
食欲もあるし、たまにぼーっとしているけれど、
普段とあまり変わらず元気。

そういえば、汗をかいていなくて、
からだがさらっとしているなぁ・・・

あ!
これはまさに「辛温解表」(体を温め、悪いもの(邪気)を発散する)の
薬を使うタイミング!!

「辛温解表」の働きをもつ漢方薬には、
葛根湯や麻黄湯があるのですが、
これらの漢方薬は、
熱が出ていなくても汗をかいていない状態
でしか使うことができません。

インフルエンザの予防に麻黄湯・・・
なんていう話もありましたが、
そういった使い方をするものではありません。

家にちょうど麻黄湯があったので、
お湯で溶いてペースト状にしたものを
スプーンに乗せて飲ませてみました。

麻黄湯は少し強いものなので、
衰弱している方には使わないし、
杉本薬局ではあまり出さないのですが・・・
ちょうどあったので・・・。

しばらくして息子は寝てしまったのですが、
起きたら寝汗をかいていました!
そして熱を測ったら37度台!

教科書通りのからだの反応に、
ただ熱が下がったこと以上に嬉しくなってしまいました。

さらにその後の便が少し緩かったのですが、
出た後の息子は「すっきりした!」らしくご機嫌!
汗だけでなく、水を含んだ便として出ることもあるんですね。

これからの季節、葛根湯を使う機会も出てくると思いますが、
飲み方にはぜひ注意してくださいね!
ただ風邪の引き始めだから使うのではなくて、
汗をかいていない状態にしか使えません。
覚えておいてくださいね!


杉本薬局 
鎌倉市 大船駅より徒歩3分。
漢方薬や自然薬を中心に取り扱っています。

1歳のこどもの発熱

1歳から飲める!からだをつくる栄養剤!

先日息子が1歳のお誕生日を迎えました。

1歳

2人目はおねえちゃんの用事に付き合わされることが多く、
じっくり見ていられないのであっという間に成長しますね。
でもママの代わりにおねえちゃんが相手をしてくれるので、
本当に助かっています。

さて、1歳といえば・・・
こどもレバコール

こどもレバコール

このブログではおなじみの、
カツオ由来の天然アミノ酸の栄養剤、レバコールに
カルシウムやビタミンなどを合わせた1歳からの栄養剤。

ただ元気を出すのではなくて、
からだをしっかりさせてくれる成分が入っているのが、
この栄養剤のおすすめポイントです。

アミノ酸は血液、筋肉、骨、皮膚、粘膜、髪の毛、爪・・・
からだをつくる素になる成分です。

レバコールを飲んでいると実際に
髪が増えた、爪が折れなくなった、お肌にツヤが出た、
という声を多くいただきます。

だから発育期のお子さまにはぜひ
こどもレバコールを飲んでほしいんです!

特にアレルギー体質だったり、
風邪をひきやすくて困っているお子さまには
一度試してみていただきたいですね。

ちなみに
レバコールを飲んでいると頭がよくなる、
なんて話も聞きますよ!
脳にとってもアミノ酸は大事な栄養素です。

ぜひ家族揃ってレバコールを
毎日の習慣に取り入れてみてくださいね!


杉本薬局 
鎌倉市 大船駅より徒歩3分。
漢方薬や自然薬を中心に取り扱っています。

赤ちゃんのあせも・おむつかぶれに・・・タイツコウ

7月入ったとたんに猛暑・・・
先週末は36℃を超えてものすごい暑さでしたね。

息子がそろそろ10か月になるところですが、
こう暑いと大変です。
こどもは代謝がいいので汗びっしょり。

おまけにうちの息子はちぎりパンのような足と腕、
髪もふさふさしているのでとても暑そうです。
あせもやおむつかぶれにもなりますよね・・・。

赤ちゃんのあせも、おむつかぶれに、
私は タイツコウ という漢方の軟膏を使っています。

タイツコウ

ちょっと赤くなってきたとき、
かゆがってかきこわしてしまったとき、
タイツコウを使うとかゆみも赤みもおさまります!

生薬だけを使った自然のお薬ですので、
赤ちゃんでも安心して使えますし、
使って悪化することもありません。

漢方の軟膏には紫雲膏(しうんこう)という赤いものもありますが、
こちらの太乙膏(たいつこう)は黄色です。
そして何か香辛料のような独特な香りがします。

紫雲膏に比べて太乙膏の方が、炎症をおさえる効果が
高いそうですよ。制菌作用もあるので、化膿も防いでくれます。

家に置いておいてすぐに使えるようにしておくと
便利ですよね。

あせもになる前の予防には
アクルミュールセラムローション を
使ってみてくださいね。
このローションで皮膚の汚れや汗をふき取っておくと、
肌を清潔な状態に保つことができますよ。

皮膚は一度悪い状態にしてしまうと、
治すのがとても大変・・・
早めの対処をおすすめします!


杉本薬局 
鎌倉市 大船駅より徒歩3分。
漢方薬や自然薬を中心に取り扱っています。
プロフィール

saeka

Author:saeka
祖父の代から続く薬局で働いています。漢方、自然薬などについて、勉強しながらつづっていきます。

※こちらのブログには個人的見解も載せています。効能効果として認められていない
ものも記載していますので、その点をご了承下さいね。

リンク
カテゴリ
目 (2)
月別アーカイブ
最新記事
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QRコード
FC2カウンター